dfrac44g88gm0 このときポリビニルアルコール

dfrac44g88gm0 このときポリビニルアルコール。ビニロンの問題は結構厄介ですが、このサイトおススメです。化学の高分子の問題です ポリビニルアルコールをアセタール化したところ、質量が5 5%増加したビニロンが得られた このとき、ポリビニルアルコールのヒドロキシ基のうち何%がアセタール化されたか ポリビニルアルコールの質量などが与えられていないので解き方が分かりません この場合はどのように解くのでしょうか ポリ酢酸ビニル。化学 – アセチレンがニ分子重合したものの名前はなんというのでしょうか?
このとき。完全にはアセタール化されずヒドロキシル基が残っているため吸湿性
を示す繊維ビニロンの原料として世界に先駆けて我国で工業生産が開始された
水溶性のそこで,ポリビニルアルコールを合成する場合は,酢酸ビニルからポリ
酢酸

dfrac44g88gm0。ホルムアルデビドの水溶液を用い てアセタール化を行ったところ。 ポリビニル
アルコールのヒドロキシ基 のうち がアセタール化されたビニロンが得られた
。 得られたビニロンの質量は何か。 ホルムアルデヒド水溶液夜をアセタール化の計算問題。分子量×のポリ酢酸ビニルを完全にけん化するのに必要な水酸化
ナトリウムの最小量の計算値は ウ である。このとき得られたポリビニル
アルコールの分子内ヒドロキシ基の%がアセタール化し,残りの%が未種々の方法により製造されたポ。立体構造に依存することが期待されるので,数種の 試料についてこの反応性
を比較検討した。また比較のた め,数 種の低分子多価アルコールのアセタール化
につい ても若干の実験を行なった。 従来糖類などが水溶液中においてホウ酸

ビニロンの問題は結構厄介ですが、このサイトおススメです。私もこちらを参考にして解きましたので、ベースはこのサイトからです。さて、雑談はここまでにして。解説します。まず、ビニロンの分子量とPVAポリビニルアルコールの分子量を求めましょう。PVAの重合度を仮にnとおきますが、そうするとPVAの分子量は88n/2となります。ここで何故分数にしたか?はサイトにありますのでそちらを参照して下さい。さて、今度はビニロンの分子量を求めます。反応した部分をm%とおけば、ビニロンの分子量は88n/2×1-m/100+100n/2×m/100計算を進めると、88n/2+12n/2×m/100となります。かなり面倒な事になっていますが、一旦置いておきましょう。そして次に増加した量を求めます。ビニロンの分子量からPVAの分子量を引くと求められます。計算すると、増加した量は12n/2×m/100となります。最後に、増加率を求めます。これは増加した量をPVAの分子量で割れば良いですから、12n/2×m/100÷88n/2=12m/100÷88となります。後は増加率が5.5%でしたという事から導きます。12m/100÷88=5.5/100という等式が成り立ち、mについて計算するとm=40.333???となります。有効数字二桁で答えれば良いと思うので、PVAのヒドロキシ基のうち、40%が変化した。となります最後に、こちらが参考にしたサイトです。分かりにくい点などあれば質問して下さい。長文失礼しました。

  • アメリカのWi Fi1ヶ月分借りた方いいのか現地で携帯調
  • 社会人必見 取引先お中元直接頂いた場合お礼状送るべきか
  • ジャニーズWEST ジャニーズWESTワールドカップバレ
  • なぜ地球に水があるのですか 太陽水存在
  • 2006/11/13 前置き長くなり数日前友人カフェで試
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です